ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

ゴルフ【ヘッドスピードアップ方法!】比較実験データ有り!計測機使用!

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190609084458j:image

ゴルフのドライバーショットのヘッドスピードアップ方法!実験データ有り!

【練習場にて】

※あくまでも初心者アマチュアゴルファーでただのゴルフ好きの個人的な

主観による遊び計測実験です。

暑い日が続きますが相変わらず懲りずに

ゴルフ練習場で遊んで来ました。笑

 

今日の練習場遊びアイテムは

「ユピテルのATLAS(アトラス)スイングトレーナーGST-3B(K)計測機」!

f:id:ima300000000blog:20180721162211j:image

 

ヘッドスピードやインパクトなどを計測する機械で計測しました。

 

コレを使ってどれだけヘッドスピードを上げていけるのか!?をテストしようかなぁって

思ったわけです。

 

やはりドライバーショットのヘッドスピードが速い事は「ある意味」自慢になります。

 

ただ、上級者の人達にはそんなもんよりも

安定した平均飛距離を〜…と説教されそうなのは

百も承知です。

(※下手なのに生意気言ってすみません(汗))

 

そりゃスコアが良い方がより一目置かれます。

しかし、

ソレはソレ、コレはコレ。

 

やはり男性ゴルファーなら

ドライバーでかっ飛ばす事は

ロマンがあるはずです。

 

いくら安定したショットが〜…とか言っても

飛距離欲しくない人なんていないでしょ!?

 

f:id:ima300000000blog:20180721152914j:image

さて練習場にて。

〈追記2018年8月8日〉

ちなみに計測機だけでなく、練習場そのものもまた楽しみ方も様々ですので!!もしよかったらこちらもどうぞ!

https://www.imaiblog.com/entry/2018/06/17/222630

 

本題はいりますが、

飛距離、ヘッドスピードのアップって

色んな方法があります!

 

今回はその中の一つ、

「手首の脱力」について!

 

ヘッドスピードを上げるには手首に力が入って固まっていると

ヘッドのスピードが減速します!

 

腕を追い越せないので身体に対し開いたりするし良いことないです!

 (アプローチでは固めて打つ事も有りますが)

 

アドレス時のコック角度を維持したまま

スイングアーク上で障害になる両手首の筋肉をブラブラさせて下さい」

 

そしてインパクト時にそれによって加速してきたヘッドが正面で捉えれたらバッチリです。

手首のアドレス時のライ角を維持しながら出来るとより良い感じなのですが、

正しくグリップ出来ればおそらく維持しやすいと思います。

逆にグリップが甘いと手首リリース時にヘッドが下に行きます。(あくまで僕の感覚)

 

※僕自身もまだまだですが

多少は出来てるつもりです。

後はいつもと同じ様にリズム良くリラックスし腰を切ってスイング。

ヘッドスピード計測機で

手首脱力の違いがどれほどの

スピード差が出るのか??

を見ていきたいと思います!

どのくらい変わるか比較してみた

使用クラブは

コブラのFLY-Z!

45.25インチの長さのSシャフト。

ロフト角は10.5。

さて、こちらは手首を固定するために力が少し入っててまだ固いリラックス仕切れてない状態で振りました。

その結果はこちらです。

 

1発目f:id:ima300000000blog:20180722130335p:image2発目f:id:ima300000000blog:20180722130320p:image

今度はしなりを感じながら結構いい感じで手首脱力が出来た結果。

1発目f:id:ima300000000blog:20180722131340j:image2発目f:id:ima300000000blog:20180722131356j:image3発目f:id:ima300000000blog:20180722131416j:image

 

平均してヘッドスピードが

「2以上」も上がりました。

飛距離は……ちょっとかな。

あくまで今回はスピードメインなので。

そして今回の件の中でスピードも大事ですけど

リリースオッケーの3個の画像の中で気づいたかもしれませんが、

実は…ミート率が低いヤツ1つありました。

f:id:ima300000000blog:20180722131340j:imageコレです!ミート率が1.29!

f:id:ima300000000blog:20180722131356j:imageほぼ同じヘッドスピードでも1.34のこちらの方が12ヤード多く飛んでいます。

ボールスピードも違いますよね。

 

 

色々気づかせてくれる

この

「ユピテルのATLAS(アトラス)スイングトレーナーGST-3B(K)計測機」!

 

一応13000円しました!

今現在ではネットで10000円あれば

お釣りが来るくらい安く買えるようですね!

9,000円で売っているとこもありますね!

大手ゴルフショップのゴルフ5での「シュミレーターの試打の結果とあまり差はない」ので信頼できると思います。

その証拠が下の画像がゴルフ5の試打マシーンの結果です!

※コブラFLY-ZのA所参照で!

これは手首の力は抜いてない状態です。

もう一つのトライフィットの長尺はお遊びでやりました!笑

f:id:ima300000000blog:20180722134009p:image

ゴルフ5の試打と違い、サイドスピンや打ち出し角などの計れない項目もありますが、

共通して測れる項目としての性能はおおよそ同じ結果で信用してもいいと思います!

ネットのレビューも高評価で星4から5でした!

毎回振るだけで表示されるのですが

スイングスピードだけは練習場、室内で

素振りでも出ます!

スピードアップのためだけが前提なら

個人でのスイング練習で答え合わせをするのにこれほど

優れたゴルフアイテムは今現在存在しません!

 (多分ね!!)

飛距離に関しては

アトラスはキャリーで出ているかと

思われます。

その訳は下のSW PWでの画像の結果で。

パターやアイアン、ウェッジ、ユーティリティと幅広く切り替えが出来て一目で分かるので重宝します。


f:id:ima300000000blog:20180722143108j:image

f:id:ima300000000blog:20180722143114j:image

これはSW (サンドウェッジ)と

           PW (ピッチングウェッジ)です。

キャリーの距離はヤード表示と両方ともほぼ誤差なく合ってました!

しかしミート率が何故1.00?汗

色々遊べそうだし試してみたい事も少し出来ました。

別の記事で PW、SW、パターでの室内実験

予定です。

結論

全身しなりを感じながら手首を脱力し、インパクトゾーンでヘッドが腕を追い越していくと見ての通りスピードを上げれます。

結果は上の画像の通りです。

スピードが上がってるかの確認する為の

一般の人に手軽に購入できるアイテムとしては

「ユピテルのATLAS(アトラス)スイングトレーナーGST-3B(K)計測機」

最高におススメです。

今日はこんなところで締めにさせていただきます。

それではまた。

〈自宅練習にオススメの発泡スチロールのテスターボールについてはこちら!〉https://www.imaiblog.com/entry/2018/07/21/033817

〈家の中でテスターボールでアイアン、パターは実球の計測機の結果はこちら!〉

https://www.imaiblog.com/entry/2018/07/24/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%88%E6%B8%AC%E6%A9%9F%EF%BC%81%E3%80%90%E5%AE%A4%E5%86%85%E3%81%A7%E9%81%8A%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%81%9F%E7%B5%90%E6%9E%9C%EF%BC%81

〈パター練習場でパターの距離を計測機でやってみた!〉

https://www.imaiblog.com/entry/2018/07/30/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%88%E6%B8%AC%E6%A9%9F%EF%BC%81%E3%80%90%E7%B7%B4%E7%BF%92%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%B7%B4%E7%BF%92%E3%82%B0%E3%83%AA