ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

「不器用な人の居場所」そこでダメなら別の活路!

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20181202190530p:image

「不器用な人の居場所」

後輩(以下Rくん)の不器用さは

 

歴代ダントツでトップ。

 

入社3年目。

 

だけど中々芽が出ない。

 

他の事が間に合わないので中々戦力にならない。

 

でも本当に辛いのは後輩君。

 

後輩君なりに一生懸命にやっていて休まないしマジメだ。

 

彼は怠けてるわけではない。


でも、

 

結局は会社は「結果が全て」だから。

 


全員ではないけど、一部の人は冷たい。

 

「こんなにポンコツなヤツいねぇだろ、早よやめればいいのに。」

 

「典型的なKYじゃん。」

 

「キモいし使えねぇし仲良くしたくねぇ。」

 

冷たい反応をしている。

 

さらに見た目も背が低く、貧弱ガリガリ。

 

決してイケメンとは程遠い。

 

会話もお世辞にも、上手くない。

 

 

結局は舐められたらずっとそうなる。

 

 

見た目も、仕事も、人間性も。

 

 

人は弱点を叩きたがる。

 

人は残酷って思う瞬間。

 

 

さらに後輩は

 

他の業務でも…

 

上司「急げ!いつまで経っても遅いじゃないか!」

 

確かに遅い。

 

未だに他の人達よりも早くできないし不正確。

 

マジメに黙々とやってはいるが…

 

結局その時に後輩が担当していた業務の性質でどうしてもゆっくりやれる仕事ではない。

 

だから上司も急かさざるを得ない。

 

上司も立場的には全部は責めきれない。

 

ただ、その急かしてしまう事であわててしまい、雑になってしまう。

 

周りは上も同僚も見放している感じはある。

 

悪い人達ではないのだが、彼に対しては冷たい。

 

 

ここのところ、僕が後輩の教育をしている。

 

確かにマジメだが…

 

要領よくやる方法も伝授しているが、

 

ある一定の速度で作業すると手順がおかしくなる。

 

どうしても脳内の整理が追いつかなくなってしまう。

 

しかし業務柄、どうしても手早くやることを求められてしまう。

 

教育する事は幾度となくやっているのだが

 

すぐできる人、不器用だなぁ、という人はたくさん見てきた。

 

しかし申し訳ないがRくんは、

 

おそらく人生でダントツに初めて大変不器用な人だと思った。

 

休憩になるとよく話かけてくる。

 

前のポジションでも頑張って他の先輩に話しかけている姿をよく見かけたが

 

他の人はRくんに話かけられても露骨に嫌な顔をして目も合わせない。

 

 

Rくんは僕には色々話をしてくる。

 

教育しているので僕のいる部屋で一緒に休憩する事が多くなったからだ。

 

自分のできごとをひたすら一生懸命話してくる。

 

僕の趣味のゴルフの事も分かる範囲で頑張って質問してくる。

 

R君はゴルフ始めるわけでもない。

 

全然知らないのでゴルフ経験者からしたら、すごくどーでもいい質問しかしない。

 

「あの、どのくらいお金かかるんですか?」

 

「たくさん歩くんですよね?たいへんですか?」

 

など。

 

ゴルフ、別に興味ないはずだろうに。

 

中には相手がゴルフ知らなくても一方的に高らかに喋る人も存在する。

 

僕がゴルフ知ってる人とで話している時の会話でも、そうやってR君は知らないのに無理矢理割って入ってくる。

 

相手は迷惑そうだった。

 

ある時、R君が弱音を吐いた時があった。

 

Rくん「IMAさん、もう僕3年になるけど

 

仕事も周りの人よりできない。

 

昔から友達も中々出来ない。

 

上手くいかないですね…。」

 

 

その他色々話を聞かせてもらった。

 

Rくんは発達障害なんだろうか。

 

医者に発達が遅い、と子供の頃に言われた事があるらしい。

 

そのせいか、色々物覚えが悪いかもとの事。

 

 

僕はR君に意を決して言うことにした。

 

 

IMA「……そうか、大変だな。

 

基本的に上手くいかない時はある。

 

そりゃ自信なくなるよ。

 

でもね、

 

これだけは覚えておいて。

 

Rくんは2年以上、

 

1つの会社で辞めずに、

 

しかもあまり休まずに、

 

頑張ってやってきたよな?

 

病気や心の病でなく、

 

単に怠けて働かずにいる、

 

誰かのスネかじりで生きてる人間よりも

 

ずっとRくんの方が

 

大人として社会人としての姿勢は立派だと俺は思う。

 

根性あるよ。

 

すぐ辞める明確正当な理由のある人は別として

 

甘えた理由ですぐに辞めていく人間よりはずっと立派だよ。

 

正直へこむかもしれないし、言っちゃ悪いけど今の会社では、

 

Rくんは周りから仕事、コミュニケーション力不足で、あまり良い印象ではない目で見られている。

 

ワザとではないだろうけど人との接し方がかなり雑だと思う。

 

それによって

 

尚更コミュニケーションをとる事が困難な環境になってるよ。

 

だから

 

まずは会社の外で人の集まるコミュニティに参加してコミュニケーション技術を上げる。

 

その上で仕事も向上するしかないかな。

 

そうすれば自信につながる。

 

そうしたところから地盤を固めれば

 

別の選択肢も選べるようになる。

 

今のR君に必要な事は地盤固めだよ。」

 

 

ある一定まで、できる人ならそこから始める事もなく、

 

もっと最短で進む事も可能だと思う。

 

でも、R君はそれ以前の問題。

 

 

今の若い人、

 

特に割と仕事を捌けるタイプの人は

 

出来るだけ良い条件の会社を選ぼうと

 

早い段階で辞めていく。

 

上の世代の人達で

 

最近の若者はすぐ辞める、続ける根性がない。

 

我慢がきかない、という人がいる。

 

 

今の状況を冷静になって見れる年配の人は別として

 

色々否定ばかり言っている年配の人に対して思う事は、

 

その子達にとって後に変わった環境で頑張るなら、

 

良い方向になるのなら、

 

それも1つの正解ルートじゃないかな。

 

なんなら自分の能力に自信ある人は

 

そのスキルをを活かして起業して頑張ったっていい。

 

今はネットが普及し、仕事の幅がすごく広がっている時代。

 

会社員で安定する保証はないが、

 

悪く言えば出来が悪くても会社員なら結構保証される。

 

 

 

しかし、Rくんは今、何が適正か分からない。

 

生活もしなきゃいけない。

 

IMA「申し訳ないが色々聞かせてもらった今の時点では、

 

しばらく会社員でしがみつくしかないと思う。

 

仕事を頑張りながら自分の長所を見つける、

 

業務に対してか、それ以外かはまだ一概に言えないけど、

 

まずは自分の柱となるものを構築して

 

そこから進路を決めた方がいいんじゃないかな。」

 

 

その後R君はサバイバルゲーム、いわゆるサバゲーへ参加する事を決意して、それがキッカケで交流が小規模ながら出来たと報告を聞きました。

 

凄く喜んでいたのでこれを機にどんどん成長して欲しい。

 

と、心から思いました。

 

 

僕という人間はたかだかしれてる年数かもしれないけれど、

 

僕なりに歩んだ中から選んだ言葉で正解ルートになるといいかなって思って伝えてみた。

 

ひょっとして浅はかだったら…違ってたら…

 

人の心は奥が深い。

 

でも、

 

何もせずに、

 

何も言わずにはいられなかった。

 

ただのおせっかいなんだろうと思う。

 

じゃあ、

 

黙っている事は?

 

もっと冷たい気もする。

 

だから、

 

今回は正解と信じてアドバイス。

 

活かすもどうするもR君次第。

 

人の社会の大変さは

 

みんな一緒、という方便でくくってはいけない。

 

やっぱり努力だけではどうにもならない差は確実に存在する。

 

でも、折り合いをつけてやっていくしかない。

 

〈終わりに〉

今回はかなり思い入れのある会社の出来事の記事です。

 

平等ってなんだろう?考えさせられる事で、

何か変えてあげたいと思っても、空回りだったかもしれません。

 

可愛そうだけど何かしてあげられる事もない、申し訳ないが一度定着した悪いイメージはほぼ覆えすのは難しい。

(ただ、少数ですが覆えした人はいましたがそれはまた)

 

せめて仕事業務を一生懸命、効率的かつ上達する楽しさを感じられるよう、教える努力も試みながら過ごした、以前の部署でのあるひと時の事でした。

 

今は僕自身が活かせる環境で仕事をしていきたい気持ちがどうしても強く、会社内での部署異動を果たしました。

 

そのため、今現在はR君がどうなったのかは詳しくは分かりません。

 

同じ会社なのでいずれ何か接点や、情報があるかもしれないですが、

 

R君の未来が良い方向に向かう事を本当に心から願うばかりです。

 

上手く言いたい、伝えたい事が書けたかわかりません。

 

でも、

 

少しでも自信のない人に、良い形で届いて欲しいと願って書きました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

それではまた。( ´▽`)