ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体の雑記ブログ

年齢とか人柄とか能力とか成長とか色々!(思いつき)

スポンサーリンク

72歳でYouTubeで動画配信している人!

80歳過ぎてる高齢の方でブログ記事を毎日更新してる人!

その他にはスマホアプリを作成している高齢者の強者もいます!

1番驚いたのは

80歳でエベレスト登頂果たした人!86歳にして6960mの山に挑戦することを発表!スゲー!!(2018年12月4日発表)

僕の好きなゴルフでも、

練習場の高齢者の方のなかでもスマホを使い、動画撮影を繰り返してフォームチェックする人も見かけるようになりました。

時代に合わせて変化する人は若い世代と比べ、少ないですが中年層、高齢者層の方々の中にも確実に存在します!

もちろん若い人達は比較的新しい情報を吸収しやすい年代で柔軟な人はやや多い事は確かです。

その若い人達の中でも

「決めつけ自分目線」の人もまた存在しています。

会社がダメに決まっているって。

これから個人の時代だ!って高らかに叫ぶ人もいます。

スキルがあり、能力がある人は良いです。

でも、

色々やり方変えたって、上手くいかない人達も大勢います。

その人なりに頑張っていても人ごとのキャパシティや能力の差はどうしてもあります。

そういった言い方悪いですが自己分析できてない人はやはり失敗しています。

〈起業は簡単に考えない方がいい身近な例の話!はこちら!〉

 

「個人でできる能力のある人」と「集団に属さないとできない人」といるのも事実。

だからといって挑まずにいくのももったいない気もします。

変われる、上手くいく保証もないですが、

可能性はゼロではないですね。

もし成長させるなら、

能力のない人は自分の今までの人柄をぶっ壊し、別人格になるくらい変えるべき。

むしろそうする事が大前提で、満足せずにどんどん変えていかなければ難しいですね。

変化したら付き合う人間関係は確実に変わります!

僕自身はコミュニケーションの面で自分の枠をぶち壊して変えたので経験済みですが、

人柄も、仕事人としてもさらに上の人との交流が増えました!

だから色々な他部署からもオファーをくれた事もあったのですがそれも1つの理由だと思います。

今はインターネットでリスクを低くしてビジネスを出来るますのでどんな人にもチャンスはある。

出来る年齢や性別、能力でなどでひとくくりにせず、

1人1人でまた違いがある事を認識できた方がずっと世界は広がると思います。

そして

だから、学校の勉強だってそうです。

全部役に立たないわけじゃない。

活用の仕方本当に知ってるの??活用出来る場にいなければ活用しようがないでしょ?

 

たまにいましたけど、びっくりしたのが

 

「三角関数なんて社会でてもつかうとこねぇよ」って。

ものづくりをする業界の人なら分かると思いますが製造業で製品の製造機械立ち上げをする技術屋さんには必要です。

ライン作業しかしない人はおそらくは必要ないでしょうね。

活用できる道を調べてそれを知る、活用する工夫が大切じゃないかな?と思います。

その為に知っている事はもちろん多い方が良いでしょう。

 

なぜかというと、家を建てるとしたらたくさんの種類の建築資材があった方が色々な多くの組み合わせができますよね?

使わない資材もあるかもしれない。

でも、たくさんあって広い選択肢があるから色々なパターンの物が出来上がる。

 

極端な事言うと、

5個しかない資材で組み合わせるのか?

20個の資材を組み合わせるのか?

どちらが色々な可能性を見出せるのかは火を見るより明らかですよね??

それをロクに活用法も知らず、さらに調べずに

意味がないと決めつける知ったかぶりの人はよく言いがちですが、

「ダメに決まってる」は1番危険。

頭の固い自分目線の歳上の方と何も変わらないし、全ての人をくくってしまうのもまた違う。

 

そしてたった今、「頭の固い自分目線の歳上の人」

と僕は言いました。

ここも、

「歳上だから自分目線で頭が固いんだ」

というのは全ての歳上の人に当てはまるのだろうか?ともまた思う。

年齢だけでなく、過ごしてきた時代がそうさせるのかもしれない。

僕らや更に下の世代の人もまた、後何十年と時が過ぎた時に高齢になった時に

昔の時代よりたくさんの情報を得られ、その周りの人間達も同様に情報を得られる環境で育ってきた人達が考え方もまた違った柔軟性のある高齢者は増えるのでしょうか。

ただ、今の高齢の人は仕事外では「人に対しての温かみ」と「根性があって粘り強く何かを継続する人」も多いと思います。

頑固者は多い傾向があるのですけどまぁそれはまたそういった一面かなと捉えてます。

 

 

外国人がワガママで働かない、派遣だからと拗ねている人とか沢山いましたが、

正社員の日本人以上に積極的に日本人の上司や先輩から学ぶ外国人労働者もまた少数ながら存在し、連携して仕事をした事も僕自身何度もあります。

女性は感情的になるから仕事は向かないと決めつける男性もいますが、

男性も顔負けですごく活躍する女性もたくさんいます。

結局のところ…

物事を進める上で決定し進む事は大切だけど、決めつけは良くない!
 バランスよく考え決めて動く事が1番!

 

割合が多いとどうしてもそれが全てと決めつけてしまうもの。

 

見た瞬間に

「この人はこうに決まってる!」

と考え思う事は反射的、感情的に人間の世代や性別を超えてみんながある事。

難しいかもしれないけど、

みんながみんなそうじゃないと思う事は難しいけど、

そう思う人が増えたらいいな、と思いました。

今日はこの辺で!

それではまた!♪( ´▽`)