ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

「会社員」「副業」「起業」で上を目指す人!ゴルフもおすすめスキルの1つの訳は?

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190615140936j:image

「副業」「起業」で高収入を目指す人はゴルフもおすすめコミュニケーションスキルの1つ!

世の中では会社員をしながら副業で株やFX、ブログアフィリエイト、ネットショップと色々な人がいますね。

もしくは会社を立ち上げる、起業を目指して頑張っている人、これらの上を目指す思考の努力家達がいます。

そんな中で自分だけでの自分だけの努力や個人単の力では厳しいものがあります。

そこでスキルの高い稼いでる人、情報を持っている人と会うことは自分を向上することに対してとても有益です。

たくさん稼いでる人に出会う確率が高い

f:id:ima300000000blog:20190615190413j:image

お金を持っているため最高の娯楽としてゴルフを楽しむ人は多いです。

普通の会社員もゴルフを趣味にしてる方もいるのですが、お金に余裕がない人は正直に言ってしまえば…

「お金がかかるから」と敬遠する。

生活があるのでそれも仕方ない事ですね。

もうここまで言えばなんとなくお察しすると思いますが逆にいうと…

富裕層が集まりやすい遊び。

金があるから惜しげもなくゴルフをしにくる人がいたりします。

逆に金がないとできません。

ですから裕福、もしくは権力のある人達は何かしらの方法でお金を稼いでいます。

・会社員で出世した。

・起業、もしくは親から受け継いだ会社。

・インターネットなどのビジネスで成功。

色々あると思いますが何かしら稼ぐための術やコネ、環境を持ってるわけです。

クラブ競技に出ればそういった人達と知り合えるので何かキッカケができるかもしれません。

ゴルフを通じて仲良くなったのならそういった機会も出てくるでしょう。

会社務めなら重役から誘われる事もありまして、それがキッカケで出世した人もいました。

バブル期の人だけでなく、次世代の社長達もゴルフをやる人は多い

「ゴルフなんてバブル期の金持ちの遊びでしょ?」

なんて思う人もいるかもしれないですよね?

ところが僕の会社の関連グループの仕入先はもちろんですが、

大企業のバブル期社長さん達の後継者、30代〜40代の年齢である2代目社長さん達もゴルフをやっている確率が高かったです。

その根拠としては僕の仲の良いの営業マンが、それらの大企業も仕入先もゴルフのラウンドを回るので色々な情報を得ていました。

僕がその営業マンと練習場でその話を聞きだしたら、若い社長さん達もかなりの確率でゴルフをやられる方が多いと聞きました。

今の令和の時代でもまだ通じる会社経営者の趣味率No.1といっても過言ではないようです。

ゴルフは成功者がいるところに行く数あるキッカケの場の1つになりえます。

(※余談ですがその仲良し営業マンは僕がゴルフの手ほどきしました。)

お金の使い方の考え方の方向転換も有り

f:id:ima300000000blog:20190615190527j:image

上で言ったような「お金に余裕がない人」の中でですが、ゴルフはやらないけどパチンコに競馬や飲みなど2万円とか3万、もしくはそれ以上使う人もいます。

娯楽の1つなのでそれも1つの考え方として自由ですし間違いとは言いきるものでもありません。

飲みは色々な人との将来につながる「身のある交流」は自分への有益な投資になる場合や、

心が豊かになる飲みは有益と言っても良いと思います。

ただ、パチンコなどのギャンブルは溶けてマイナスになっていくのは少しもったいないような気もします。

「それでも楽しいから良い!」という意見もあるでしょうけどそれらに使う2万〜3万円あれば…

ゴルフなら週に2回くらい練習、月1回か2回は行けます(平日なら2回)

練習だけでも健康に間違いなく良いです。

走り込みとかも良いですが、練習場の練習もやり方次第で中々汗かきます。

何より楽しい。

こういった考えもまたひとつの考え方としてありだと思います。

成功者の人達の考え方や情報が得られる可能性がある

f:id:ima300000000blog:20190615184818j:image

副業、起業で有料の経営コンサルタントを受けたり、同士で集まりサロンで学ぶ方法もありますが、学びのあるものなのかはわからないです。

本当にどこまでその運営してる人が確かなのかも分かりません。

「ネットや本にある事しか言わない」

「馴れ合いになってるだけで意味がなかった」という話も聞きます。

もちろんゴルフで知り合った人でもどういう人か次第ですが、趣味の交友が深まった相手に対しては色々な情報などの提供は濃密なものになるはずです。

繋がりの深さの違いがある

 

・趣味の繋がり

          ↑

・金の繋がり

          ↑

・同士の繋がり

 

このような順番になると思います。

 

・趣味の繋がり(ゴルフ)

 ゴルフにハマる人も多いため、話もはずみ心を開きやすいため、シンプルに交友が深まりやすい。

僕は上司、仕入先の人達との交友が深まりよくしていただきました。

クラブ競技出てた身近な人では自営の金持ちの人達と仲良くなり、色々お世話になった事もあったそうです。

・金の繋がり

お金が発生するからこその繋がりのため、そこの活動から離れたら全く無縁になります。

ネズミ講や販売系のサロンは露骨。

街中でたまたま2人ほど会ったことがありましたがその絡みがなくなった途端に全く目を合わそうともしない。

・同士の繋がり

これも同様でその場にいる間のみの関係で広がりません。

とあるコミュニティで体験済みです。

 

※金の繋がりも同士の繋がりもちろん見てきた中でそういう傾向があると感じただけで全部とは言いませんし、繋がり続けてる人達もいることでしょう。

心の繋がりを重視するべき

f:id:ima300000000blog:20190615184610j:image

僕は様々な趣味をやってきましたが、ゴルフが1番実益につながると実感しています。

稼げる人と出会えて仲良くなれるのはゴルフが1番確率が高いです。

とある団体スポーツやギャンブルやっていても、飲み通いしててもありえなくないですが、相当少ない確率ですよね?

稼いでる人達と密に知り合って繋がりをもてる確率の高いスポーツはゴルフの他にそうはないと思います。

そして稼いでるゴルファーさんも1人の人。

1人の人間として深め合って絆を作った結果で自然にそう言った話が出るのなら、ためになる話もしてくれるでしょう。

ゴルフも純粋に楽しんでくださいね

f:id:ima300000000blog:20190615185719j:image

ゴルフはそれだけでなく、競技としても面白い。

技術、考え、メンタルコントロールなど非常に面白いので実にオススメです。

生涯スポーツになりますし、本当に奥が深い。

まだやってない人は良かったらゴルフにトライしてみてはいかがですか?

それではまた。