ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

池袋高齢者暴走事故。国民差別や高齢者の乗り物関連の仕事も懸念されるのでは?

スポンサーリンク

悲しい母子が犠牲になった池袋暴走事故。

被害者、遺族の方々へ心から御冥福をお祈りします。

 

本当に悲しい出来事です。

 

しかもやらかした人は元通産省の議員の87歳の高齢者。

杖つかなきゃ歩けないような人らしい。

 

扱いが明らかに庇いだてしてたために「上級国民」という言葉が生まれた。

 

法は弱者を守ってくれない、上級国民の気まぐれは許される、そうなのか??

 

そして、高齢者の方の引き際判断の大切さは改めて考えさせられる。

 

自分のエゴだけですまない場合が多い。

 

身近な事、自分の周りでも車はやはり見かける。

 

通勤やプライベートでどこか出かける時に車から見える。

 

歩行者はどこにでもいる。

 

車の運転者としては歩行者や他の車などへの危険予知からの徹底した安全運転をする事は当然の事。

 

「あれっ?そういえば…」ふと思った。

 

高齢者は元気だからと言って会社の定年が伸ばされてくと、乗り物関連の職業は危なくないか??

 

と、思った。


労働においても運転によっては危険性のある乗り物として、

トラックやフォークリフト、重機、など世の中には沢山の乗り物関係の仕事があり、高齢者の運転の危険がある。

 

今回の池袋暴走事故の加害者の方と近い高齢者の方で、そういった職場で頑張っている方も実際にたくさんいる。

 

危険度については言うまでもなく明らか。

 

会社側が「高齢者だし乗り物の運転はやめさせとくか」

 

とそれらを考慮して業務を割り当てているのだろうか。

 

それとも

 

「各個人の判断で」という会社側のスタンスでいるのだろうか。

 

実際にどうするのだろう?

 

日本としての法整備ももちろん、自分も含めて高齢者、今後高齢になる人達全国民が向き合って考えていくべき課題は多い。

 

人全体は変われるのか?

政府は法整備を改革できるのか?

あるいはその両方は難しいし到達する事は出来ないのか?

 

疑問を色々と残しつつ「令和」という時代が来た。

 

各個人に出来ることといったらその時は年齢に応じた「最適な決断」すること。

そしてそれを周りに呼びかけること。

 

それしかない。

 

それではまた。

〈2019年1月に定年が伸びて高齢者労働者が増えた事による色々な疑問を書いた記事はこちら!〉

https://www.imaiblog.com/entry/2019/01/31/%E5%AE%9A%E5%B9%B470%E6%AD%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%82