ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

株取引き【夜間トレード】楽天証券iPhoneアプリ夜間取引き方法!メリットとデメリットは?

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190630165607j:image

日本株取引きの基本的な取引き日と時間帯

いつも僕は楽天証券で取引きさせていただいてます。

株の取引は基本的に平日の昼間に株式市場で行われており、基本的に土日と祝日と年末年始は休みとなってます。

取引き時間帯は

午前9時00分〜11時30分

午後12時30分分〜15時00分

株取りの用語で

午前の取引き時間帯を「前場」

午後の取引き時間帯を「後場」

と呼ばれています。

しかし、その日中の時間帯は普通に働いているサラリーマンにとっては、ゆっくりと取引きできないと思います。

たくさんの銘柄のデータをゆっくり見て良いタイミングで取引きできないですよね?

そこで楽天証券の…

「株の夜間取引き」

※ナイトセッションとも言います。

夜間取引きはオススメです。

2019年の3月中旬からスタートしてるようです。

楽天証券夜間取引き方法

1,楽天証券アプリ「iSPEED」を開くと、下の画面が最初に出ますので赤枠で囲った「銘柄検索」をタップしましょう。


f:id:ima300000000blog:20190630091311p:image

f:id:ima300000000blog:20190630091315p:image

銘柄名を入力し検索して下さい。もしくはお気に入り登録してあれば右画像の下の赤枠タップしましょう。

 

2,選んだ銘柄のホーム画面が出ますので、下の画面の赤枠で囲ったところを1回タップし「JNX」へ変更しましょう。


f:id:ima300000000blog:20190630091351p:image

f:id:ima300000000blog:20190630091346p:image

最初の表示は東証とか色々ありますが気にせずタップしてください。そうしたら夜間取引きの為の「JNX」へ変更されます。

 

3,後はいつも通り注文するだけです。


f:id:ima300000000blog:20190630084158j:image

f:id:ima300000000blog:20190630084217j:image

※直ぐにでも注文したい!って気持ちを抑えつつまずは銘柄情報を分析してチャートや売買板など落ち着いてみましょう。

「焦らないこと!」夜はこれからですよ。笑

夜間の銘柄ランキングの見方の方法

値上がり、値下がり、出来高などのランキングも取引き銘柄を見定めるための目安として大切です。

夜間取引きにおいては日中での東証、大証、JASDAQなどの取引き所に設定していると…

夜間取引きのランキング確認ができません。

ですが、下記の手順のとおりに進めれば大丈夫ですよ。

1,先ほどの「i SPEED」アプリの最初の画面の右上のランキングをタップすると、下の右側の画像に切り替わるので赤枠の部分をタップしましょう。


f:id:ima300000000blog:20190630092832j:image

f:id:ima300000000blog:20190630092835j:image



2,抽出条件が出ますので条件の右側の市場を上下どちらかにスクロールさせて「JNX」に合わせましょう。


f:id:ima300000000blog:20190630165404p:image

f:id:ima300000000blog:20190630165359p:image

このようにかんたんにできます。

値上がり率、値下がり率、売り買い代金などの条件は左側を上下にスクロールさせればオッケーです。

夜間取引きのメリットとデメリット

【メリットは??】

1,昼間の時間がない人も取引き出来る

2,夜の変化もまた儲けは出せる

3,ヤバイ時に逃げれる

 

昼間の仕事で中々ゆっくり取引きもできない、ずっとチャート見れないから辛い、という人には会社が終わって夜帰ってからゆっくり分析する時間を取りやすいです。

平日のみの取引きは同じですが夜間では…

夕方17:00〜夜23:59まで7時間の取引き時間が設けられています。

f:id:ima300000000blog:20190630102754j:image

これは大きいですよね。

そして昼間だけでなく、夜間のタイミングでしかない儲かるタイミングもまたあります。

そして…

例えば僕が過去にあった例ですが、昼間の後場が終わり、夕方5時に企業業績の発表があった時がありました。

その業績内容は正式発表前の予想ではプラスで発表されてました。

しかし下回ってマイナスで正式発表されたら一気に大転落でストップ安へ!という大被害がありました。(とあるバイオ株で)

そういった時に夜間取引きができれば…

次の日に持ち越さず、早目に損切りできます。

急に持っていた株の企業が勢いよく下がりだしてしまった場合には本当に助かります。

 

【デメリットは??】

1,昼間ほどの取引き量が盛んではない

2,チャートや売買板の変化が昼間によりはわかりにくい

3,信用取引きができない(レバレッジ3倍の金額取引き)

取引き量、出来高が少ないため価格の変動が少ないです。

そうなるとチャート分析をしていても利益を得るタイミングがシビアになります。

〈売り買い板比較〉


f:id:ima300000000blog:20190630191128p:image

f:id:ima300000000blog:20190630191143p:image

 

そして株トレード上級者にとって大切な必殺技の…

「信用取引き」ができません。

f:id:ima300000000blog:20190630100248j:image

現物取引きの1.0倍で買うのみです。

まとめ

信用取引きができないので設けたい人からしたらたしかに物足りないと思います。

しかし、逆に…

ハイリスクを背負う事もありません。

儲かればたしかに利益は3倍になりますが、マイナスに動けば損失も3倍なのでその時の恐怖はメンタルをズタボロにされます。

それこそ信用売りから入ったらマイナスは青天井、上限が無くなりますから恐ろしいですね。

そして先ほども言いましたが、取引き時間過ぎてから企業業績発表による変化で明らかに次の日は暴落するなど判断した場合に逃げれられる方法の1つです。

ただ株価がストップ安クラスになると売り逃げできる可能性はどのみち低くなりますけどね。

とにかく一言で言うなら…

夜間取引きは覚えて損は絶対無いのでオススメです。

それではまた。

(※投資は自己責任で。)

〈デイトレードの記録の日々は下の「デイトレード成績」のカテゴリーからどうぞ〉