ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

「ゴルフ上達」家の中でパター練習!No.1【フェースの芯で捉え順回転転がせ!】

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190424222158j:image

「ゴルフ上達」家の中でパター練習!No.1【フェースの芯で捉えボールを順回転で転がせ!】

 

ゴルフクラブはドライバー、ウッド、ユーティリティ、アイアン、パターとあります。

そして共通して言える大切な事の1つとして

「芯で捉える」

パターフェースの芯でとらえることによるメリット!

 

1,しっかりとした転がり。

 

「進行方向への綺麗な順回転」の事でゴルフ雑誌でもどこでも載っているかと思われます。

 

パターのわずかなロフト角が4度くらい付いており、アッパー気味に入ると前方へドライブ回転がかかり転がります。

 

その転がりができることによって、グリーンの芝の影響を受けにくく、ボールの転がりの1伸びが有り、ショートしにくくなります。

 

2,毎回の再現性。

 

芯を喰わない、早めのコンタクトで打ち込むことによるバックスピンがかかったりすると、力加減とテイクバックが一定していてもボールの弾きや不安定なスピンによって変わってきます。

したがって、距離感の安定がしにくなります。

そうなると指針となるものが感覚レベルも安定しなくなります。

そのままですとさらに距離感も乱れてしまうので、毎回芯に当てれるようになることは大事です。

どうするべき?

パターマットで解消できます。

「えっ?そんだけ??」

ええ、できます。

そのかわり下記の事を守り、毎日やる事。出来れば100球くらい。

やり出せば面白いのでそれくらいすぐやっちゃいます。

スイングの注意点

・ヘッドの重みでスイング。

・フェースへの打感の感触を感じながら打感の違いを感じとる。

・パターのフェースの軌道を気にする。

スイングをする事で確かめながらやりましょう。

打っているうちに分かりますが、

打感に関しては同じ幅で同じテイクバックでも

・転がりが良い

・感触が良い

そういった当たりの時が芯を捉えています。

その為のボール位置とヘッドの軌道

1,ボールの位置は下記のように左足の親指の直線上でかまえます。


f:id:ima300000000blog:20190511202555j:image

f:id:ima300000000blog:20190511202551j:image

それによってボールの当たる手前が「最下点」になり、後はアッパーにヘッドが上がって当たるのみです。

 

2,横から見た「テイクバック」「インパクト」「フォロー」の写真で…


f:id:ima300000000blog:20190511202756p:image

f:id:ima300000000blog:20190511202802p:image

f:id:ima300000000blog:20190511202749p:image

こちらが軌道5連続写真です。


f:id:ima300000000blog:20190511203148p:image

f:id:ima300000000blog:20190511203200p:image

f:id:ima300000000blog:20190511203154p:image

f:id:ima300000000blog:20190511203134p:image

f:id:ima300000000blog:20190511203142p:image

この様に1で構えたボールに対してアッパーにヘッド軌道がえがかれますよね?

 

この構えとボールの位置で、順回転が理想とするアッパーの前転回転が出るスイング軌道を描けます。

 

筆者本人はどのくらい効果あったの?

スコアはアベレージですが、レッスンを受けた内容は全てiPhoneにメモし、時々はチェックしてました。

その事を踏まえてパターマットやっているので我流というわけではありません。

〈パターマットやりこみ前〉2018年のデータ。

f:id:ima300000000blog:20190511205713j:image

平均パット数が38.1でしたが…

〈2019年僕の今時点の平均パット数がこちら。〉

f:id:ima300000000blog:20190507224652p:image

この通り平均で33.6パットです。

偶然ではないと思います。

パターマットを2月23日からのラウンド4回は1週間前に毎日やるようにしてました。

ラウンドが近い日はさらに連日で半月以上上記の事を意識してパターマットをやりました。

【そのパター練習の環境と練習風景を撮った動画はこちら!】その他のクラブのスイングも有り。

youtu.be

元々40以上もパットを打つ事があったりなかったりですが、もう少しパットの安定が欲しいと思い重点的に行い…

結果は見ての通りです。

5年ゴルフをやっていてここまでパットの良かったラウンドが続く事はなかったので変化点としてはこのパターマット連日練習のみです。

※ちなみに今日2019年4月30日にラウンドした「明智ゴルフ倶楽部の明智ゴルフ場」のラウンドのパット数は34パットでした。

良い結果は継続していますのでパターマットの練習とバカに出来ない成果だと思います。

「パターマットだけでは上達しない、グリーンの転がりやラインを読まなきゃパットは上達しない。」

それもまたよく言われる事で確かな事実であり、正しいです。

しかし、コースは毎日毎週出る、練習場のパター練習場へ通う等はゴルファー全員ができることではありません。

金と時間が限られている人が大半です。

だからグリーンのラインを読むラウンドでしかできない修練を積むことができずとも…

「パットスイングという項目」だけでも特化する事は可能です。

それでパット数は縮まりました。

更に言うならパターマットだからこそ集中出来る項目でもあると思います。

なんだったらパターカップだって、何か目標物に向かって部屋の中だから集中出来る事に没頭しても良いと思います。

重要なのは「どうパターを使ってどうボールを打つか?」ですから。

パターもすごく楽しいですよ。

ロングパット決めた時はドライバーショットの会心の当たり並みに爽快な気持ちになります。

パターの考えも色々ゴルファーによって違いがありますので一概には言えません。

今回は僕は実績が伴い上手くいった方法を主張した、紹介ですね。

やるかどうか、共感するかどうかは皆さんの自由です。

ゴルフは色々楽しいですね。

それではまた。

【パター練習の継続方法!】

www.imaiblog.com

【パターの距離感はオーバー目に打つ!という意見をよく聞くけど本当に全員に当てはまる??という根拠の記事】

www.imaiblog.com

【パターのグリップの太さの判別(目安の1つとして)をゴルフ5店員さんに教わった判別方法の記事です】

www.imaiblog.com