ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体に色々書き放題。

「ゴルフ上達」家で毎日パター練習No.2【習慣にする方法は??】

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190507214659j:image

「ゴルフ上達」家で毎日パター練習No.2【習慣にする方法は??】

 

(※あらかじめ言っときます。「上達しなくて良いから関係ないや」とか「ダメに決まってる」と完全にそのネガティブ思考の人向けの内容ではないのでご了承下さい。)

家のパターマット(室内用のカップでもいい)で練習は効果がある。

多くのプロの方も認めており、

それは僕の以前アップした記事で立証もしています。

ただ…

案外みんなやらないんですよね。

なぜやらないの?と聞いて多い理由とそれに対する反論!

1,面倒くさい。

2,自分がやったって上手くなる訳がない。

3,プロゴルファーになるわけでもないし頑張ってもしょうがない。

【1,面倒くさい】

例えば仕事から家に帰ってきた時に、

「さーて、パター練習やるか」ってすぐならないですよね?

さらに言うなら、一度でも腰を下ろしてしまったらもう最後。

一休みしてから

「ごはん食べてからにするか」

「テレビみるか」

「風呂上がりに少しやるか」

「スマホゲームのイベント攻略が」

やらない理由は色々ありますよね、例えゴルフが趣味の人であっても。

そう、みんな地味なつまらない練習を根気よくやらないんですよね。

ゴルフで地味な練習の代表的な事は

「パターマット」「素振り」

よく聞く家の室内でやる練習です。

(※更に一部のやりこむ人は走り込みや体幹トレーニング、ストレッチなどのフィジカルトレーニングまでやりこむようです。)

効果的で良い練習なのですが、エンジョイゴルファーの人でやりこむ方は周りでは全然聞きませんが…

習慣付けれれば充実したゴルフライフの中の1つになりますよ。

【2,自分がやったって上手くならない】

「面倒くさいから言い訳と連動してない?」と言う人もいる気はします。

しかし、やる前からダメだと決めつけているので話になりませんね。

ただラウンドになるとメンタルやられてしまっていてしっかり打てない人もいるのでそういう人は例外です。

いきさつはともかく、少なくとも可能性にフタしたら面白みがないですね。

ですので

その考え方は何も生み出せないため実にもったいないです。

【プロゴルファーになるわけでもないし頑張ってもしょうがない】

野球、サッカー、フットサル、バスケ、釣り、スキー、スノーボードと色々なスポーツもですが、例えば歌や楽器、絵を描く、料理やお菓子作りと…

様々な「趣味全般」は利益生み出すためにやってる人の方が少ないんじゃないかな。

プロ野球選手、プロミュージシャン、プロ料理人にパティシエ。

どのジャンルでもその合理的な理屈論のみで頑張る事を冷ややかな発言を言う人、いますね。

それを思うのは勝手だけど口にされると本当にシラける。

そしてこれまたネガティブな事しか生まないためこれまた…

実にその考え方は何も生み出せないためもったいない。

金になるならないのみで判断してはそっちの方がつまらない。

じゃあどうするか?

さて、それならどうするかというと…

面倒に感じない様に【環境】【メンタル】【時間帯】から改善しましょう。

【環境】

・パターマット及びカップを直ぐ使える場所に置く。

・パターとボールも直ぐ使える場所に置く。

f:id:ima300000000blog:20190511185520j:image

1,日頃はボールを写真の位置に置き、マット部分を折りたたんでます。

2,使うタイミングで写真のように広げます。

以上です。

面倒が省かれる程、億劫になりにくくなりますのでまずはこの例を参考に練習環境を工夫しましょう。

これすら面倒ならお手上げですよ。笑

【練習環境とパターやってる動画、その他のスイングはこちら!】

youtu.be

連続してパターマット入ると気持ちいいです。

【メンタル】

・パターの芯に気持ちよく当たって入るイメージを反復し思い出す。

・タイガーウッズ(憧れのゴルファー)のパットを思い出す。

パターの芯に気持ちよく当たって入る事は実に気持ちいいですよね。

そのイメージを日に数回でも良いから毎日思い出す。(多ければ多いほど良い。)

「カッコイイから憧れる」事は行動の動機として充分ではないでしょうか。

上記2点を念頭に、いわゆる刷り込みです。思考が行動のベクトルを変えてくれます。

これは他の趣味や仕事、なんでも役立ちます。

〈刷り込みが喫煙という悪癖を絶つことに成功した方法はこちら!〉

www.imaiblog.com

【時間帯】※やや重要

・出来れば朝なら朝、夜なら夜で同じタイミングで練習。

・疲れている、集中出来ない時間帯はなるべくやめておく。

生活リズムに取り込む事により、習慣化されます。

僕自身は風呂の準備をして入る直前の10分くらいでパターマット、素振りをやっています。

ちなみに朝もやっていた時もありましたが、朝に体調が微妙な時も多いので夜の風呂に入る時が一番多くなり習慣化しました。

朝が弱くて仕事が平日終わるのが遅い人、疲れて毎日グッタリになる人は、気が緩む前の家に帰った直後にすぐさまパターを握りましょう。

なぜかというと気が緩んだりした状態で無理してやってもあまり良い練習にはならないからです。

※無理はしないように。

やったらこうなりました。

〈パターマットやりこみ前〉2018年の僕のデータ。

f:id:ima300000000blog:20190507224103j:image

平均パット数が38.1でしたが…

〈パターマットやりこみまくったら…〉

f:id:ima300000000blog:20190507223150p:image

なんと33.6パット!

この様に実践が出ました。

「継続こそ力なり」読んでじのごとく力になりました。

まだ平均100切ってない人や、パターに行き詰まってる人、始めたばかりのゴルファーさん、ぜひ試してみてください。

それではまた。

〈そのパターマットで意識するべきポイントをまとめた記事はこちらです!〉

www.imaiblog.com

 

〈パターの距離感に関しての「逆説的な考え方」の記事はこちら!〉

www.imaiblog.com

 

〈パターの自分に合った太さグリップってどう選ぶの??〉

www.imaiblog.com