ima is naughty!

株取引きメイン。後は適当に色々。

【株取引き】三桜工業「全固体電池」 「増感型熱利用発電成功 」リチウムイオン電池 超えるか!?

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190916221607j:image

 三桜工業とは??

(※この記事は不定期ですが確認できた情報は情報ソース込みで度々更新します。【主な関連ニュース2019年12月3日追加更新しました!上の目次から飛べます】)

個人的主観として書かせていただきますが最初から言っときます、ここは本当にすごい企業です。

結論を先に言うと今のタイミングで株取引きにおいて、三桜工業さんはダントツ1番将来性アリです!

たくさんの銘柄調べてもやはりここだと思いました。

(※上記画像は三桜工業様ホームページより引用)

三桜工業は海外にたくさんの拠点があり、全従業員の人数は約9000人と中々の規模の会社です。

人間の身体で言うところの循環器に相当する(と思われる)自動車の大切なチューブ、配管を作っています。

需要に対し安定して供給も継続してるようです。

f:id:ima300000000blog:20191113212956j:image

そして「設備すら三桜は自ら作り出す」という強み。

これはどの方面にも、新しい事に挑戦していく上で強みですね。

この後説明でありますが、全固体電池もか?と期待したいところ。

f:id:ima300000000blog:20191113213323j:image

経営状態も何年も黒字経営されております。2019年10月4日時点でPBR0.56 (1.0以下の株は基本的にお買得)

三桜工業のIRで… (株主向け情報)

 (※三桜工業HPのIRより引用。下記がリンク)

https://www.sanoh.com/ja/wp-content/uploads/sites/2/2019/07/20190718_thermoelectric.pdf

増感型熱利用発電の発電能力が熱により復活する三桜工業との初めての「共著論文」との事。

この東工大と三桜工業の共同開発は40度〜80度という身近な熱量での発電を可能としています。 

詳しい情報ソースはこちらです。↓

https://www.titech.ac.jp/news/pdf/webtokyotechpr20190711_matsushita_2_oh2g7ywz.pdf

三桜工業を除いた熱発電のしくみ以外では200度〜800度での熱で発電を行うようです。

IRでは地熱発電を「東工大と共同開発した」「この技術の早期実用化を目指します」と記載。

事実この件のIR下のお問い合わせには「新事業開発室」とあるので地熱発電機に関する生産をする準備をしている事は確かではないでしょうか。

〈2019年10月26日追加〉

こちらも実用化をめざしており、2025年度を目標にこの地熱発電システム完成し、2030年までにこの熱発電を利用した発電所を作る事を目標にしているとの事。

2019年10月26日号の週刊ダイヤモンドの p.35に増感型熱利用発電を取り上げられたとの事です。

f:id:ima300000000blog:20191026100014j:image

これは実用化したらエネルギー問題の根本的解決に繋がっていき、将来的にはノーベル賞レベルでは??と高い期待が持てますね。

〈東工大の松下教授のもう一つの研究とも連動するのか??〉

こちらは推測ですが、

松下教授は増感型熱利用発電の他にも、光を熱に高効率変換する技術として「プラズモニクス」にも着目しています。

「増感型熱利用発電」+「プラズモニクス」

=高効率発電もあり得るのではないでしょうか??

増感型熱利用発電は40度の熱でも発電できるため、プラズモニクスで高熱変換した熱を利用できる可能性も考えられます。

全固体電池は従来の電池技術の数段上!

電池というとリチウムイオンの充電電池が有名でしょう。

2019年のノーベル化学賞でもリチウムイオン電池での受賞。(※下記のURLにて詳しく載ってます)

https://wired.jp/2019/10/10/nobel-for-gadgets-lithium-ion-batteries-win-the-prize/

これはこれで画期的ですが、中に使われている電池の液体は熱に弱いなどの欠点もあり、改良の必要があるのです。

そこでそれらの欠点を覆し、さらに数段上の蓄電容量と充電速度(数分でフル充電)、耐熱性も併せ持つ「全固体電池」

電解液の代わりに、酸化物セラミックス系電解質を使用のため液漏れの恐れもない、燃えない、熱に強い安全性の高い電池なのです。

全固体電池についてはこちらの動画を見て頂いたら凄く分かりやすいので1度ぜひご覧下さい。(※YouTubeより引用)

youtu.be

お分かりいただけたでしょうか?

雲泥の差ですよね??

この件どの企業よりも先駆けてる会社なのは間違いないです。

そして電池に関して実はホンダのASIMOの電池を開発した実績もあるので三桜工業は電池のノウハウもあるのです。

時代に合わせて前に進んでる企業ですね。

今まで培った生産、品質管理、そして設備すら自社で作れるほどの活かせるノウハウと資金力も固体電池の件でもソリッドパワーに出資するくらいだから期待は高いと思われます。

f:id:ima300000000blog:20191120221505j:image

ソリッドパワーとの提携してるのはあのBMWグループと記載されており、「三桜工業はソリッドパワーおよびその提携先と共にコラボレーションを推し進め事業領域の拡大」

どこまでの規模か分かりませんがBMWも絡んでくるとはすごい事ではないでしょうか?

アンダーライン引いた部分の2019年3月決算に与える影響は軽微との事についてですが、あくまでも「2019年3月の時点では」ですね。

これ以降にどう影響するのか?進捗しだいですが今後を期待したい所です。

〈三桜工業がソリッドパワー出資の件のIRはこちら〉

https://www.sanoh.com/ir_topics_files/342_20180911_investment.pdf

〈ソリッドパワーのホームページはこちら〉

http://solidpowerbattery.com/

BMW、フォード、SAMSUNG、ヒュンダイと出資が大手企業と共に三桜工業も出資している。

地熱発電の件も固体電池の件も今の所は開示された情報の予定通りなら量産開始に向けて着実に進んでいる印象はありますね。

f:id:ima300000000blog:20191119222707j:image

http://media-incubate.com/media/2018/09/28/solidpower-assb/

上記の情報では2019年に生産、との話です。

下記の内容がその事に当たるのでは?と予想されます。〈電子デバイス産業新聞より抜粋〉

f:id:ima300000000blog:20191119223254j:image

https://www.sangyo-times.jp/scn/headindex.aspx?ID=2091

全世界の自動車のシェアの広さは株をやってない人も分かるかと思います。

世界的に見てもすごく未来を広げていく可能性を感じる応援したくなる企業です。

絶対に成功する保証は無いのでもちろん大変な事だと思いますが大手企業がたくさん絡んでいます。

長期なら株価10倍は通過点かも?三桜工業なら可能性はあるかもしれませんね。

主な関連ニュース

f:id:ima300000000blog:20190916221736p:image

https://newswitch.jp/p/18053

大手企業との提携、もっと増えていきます。

f:id:ima300000000blog:20191005083033j:image

【ソリッドパワーと「共同で」技術出展】

2019年1月にソリッドパワーと三桜工業共同で世界初技術として技術出展しております。

出資はヒュンダイや他の大手もある中でなぜ三桜工業とだけ?

何か思惑がありそうですね。

f:id:ima300000000blog:20191108065852j:image

(※三桜工業ホームページより引用)

【2019年11月4日まで開催された東京モーターショーにて】

レクサスのブースに出店されていたLF-30Electrifiedはレクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカーですが、サイドボディ下部にLEDイルミネーションで光る「SOLIDSTATE」の文字は次世代電池の

「全固体電池=ソリッド,ステート,バッテリー」を指すものです。

トヨタと三桜、そしてソリッドパワーとBMW、フォードの繋がりを考えると色々な事が繋がる可能性が高いと思われます。

f:id:ima300000000blog:20191108201517j:image

f:id:ima300000000blog:20191119224758j:image

【三桜工業の出資したソリッドパワーと BMWとの今後の展開】

脱化石燃料に向けて大きく展開していく記事です。

https://221616.com/car-topics/20180116-94442/

【全固体電池の世界市場、2035年には2兆6772億円に】〈2019年11月16日追加更新〉

f:id:ima300000000blog:20191117182320j:image
富士経済より2018年比の1000倍超の成長を予測する記事を発見しました。

やはり次世代電池の筆頭である全固体電池への世界市場への期待は高いようですね。

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06299/?ST=nxt_idx_common

【ソリッド・パワー CEO ダグラス・キャンベル氏LiBを超える全固体電池開発工場完成し年産10MWh体制へ】〈2019年11月29日追加更新!!電子デバイス産業新聞より抜粋〉

f:id:ima300000000blog:20191129194718j:image

f:id:ima300000000blog:20191129194742j:image

キャンベル氏は電気自動車(EV)を始めとした車載が中心でと述べていますがこれは興味深いですね。

某大手企業も手掛けている話は聞きますがこちらは「工場が出来た」という点は大きいのでは無いでしょうか?

さらにこの記事をさらに詳しく知りたいのなら下記のURLからどうぞ。

全固体電池技術、生産態勢及び生産ラインの画像、低コスト化と安全性など掲載されています。

https://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=3156

【ソリッドパワーTwitter2019年12月3日にてアップ!ノーベル賞受賞の吉野教授の名前とソリッドパワーの名前が!!】〈2019年12月3日追加更新!〉


f:id:ima300000000blog:20191203054149j:image

f:id:ima300000000blog:20191203054152j:image

https://twitter.com/solidpowerinc/status/1201564117741518848?s=21

f:id:ima300000000blog:20191203055428j:image

Google翻訳で日本語に訳してみた文章がこちらです。(記事の一部のみ)

f:id:ima300000000blog:20191203061231j:image

f:id:ima300000000blog:20191203061254j:image

あの吉野教授の固体電池への期待のコメントがあります。

そしてこれも吉野教授のコメントとしてなのかは分からないですが、その後にソリッドパワーと最高経営責任者キャンベル氏の名前、固体電池への期待へのコメントが出てきている記事は驚きですね。

ソリッドパワーTwitter記事へのURLはこちらです。

https://www.bbc.com/news/business-50151543

まとめ(好材料要点)

※これらは2019年10/4時点です。更新出来そうな事は更新する予定。

1,PBR0.56と黒字で安定してかなりの割安株。

2019年10月9日の時点では株価762円に対して0.89円と割安です。

2,企業として経営も前から順調に安定。

2019年夏8月7日に業績上方修正2倍IR有り。

2019年秋11月14日の発表でさらに決算良好で配当も9円アップ。

3,大株主にトヨタ、ホンダ、スズキの世界レベルの名前あり!

f:id:ima300000000blog:20191010063622p:image

4,週足、月足長期でチャート共買い

2019年11月18日現在はかなり上昇しています。さらに伸ばすかどうかは三桜工業さん次第ですね。

5,全固体電池ソリッドパワーへの出資

2019年11月20日ソリッドパワーより量産開始発表との「噂」がありますが、

情報ソースは当ブログとしてはまだ調査中ですので「※まだ真偽確認前で確定とみなしていません。」分かり次第内容更新予定です。

6,マグネシウム電池開発中

7,東工大と増感型熱利用発電共同開発と論文発表。

これから新規事業を本格化で「着実に進行中」で、これらの好材料が伸びしろを感じたのでここの株を買わせていただきました。

チャンスを掴み、着実にモノにしている「時代の変化に合わせ動き出して進むことができている三桜工業」は間違いなく強いと思います。

増感型熱利用発電と水面下の予想ですが、全固体電池でどこよりも先駆けてるかもしれませんね。

自動車やスマホ、様々なバッテリー関連への世界の市場シェアが予想されるので「日本国内だけの市場で株価が100倍以上になったガ○ホー株」を超える可能性を感じます。

…そして、これらの好材料より後になりそうな案件ですがもし実現したら、と個人的に夢物語として思う事は…

全固体電池と増感型熱利用発電のコラボでのエネルギー供給無しの電気自動車」とか革命的ですね。

もし完成できたら…

エネルギー問題を根幹から覆す大発明になるかもしれません。

それではまた。

(※この記事は不定期ですが確認できた情報は出来るだけ情報ソース込みで度々内容更新します)

 そしてこの記事はあくまでも自分なりに得た情報を整理した記事で個人的主観と予想です。投資は自己責任でお願いします)