ima is naughty!

「株や仮想通貨」「ゴルフ」「会社悩み解決」「物事の考え」「ブログ作り方」を主体の雑記ブログ

【寿司】寿司御殿赤池本店!愛知県内1番おすすめ寿司屋!

スポンサーリンク

f:id:ima300000000blog:20190614220912j:image

【寿司御殿】美味い!愛知県内の1番おすすめ寿司屋!

 

今日は昼ごはんで寿司を食べに行きました。

「寿司割烹寿司御殿赤池本店」という、いかにもっていうネーミングのお寿司の店。

もう15年以上前からたまに来ており、すっかり美味い寿司を食べるならここ!というくらい定着しております。

他店の回らないお寿司でも食べた事はもちろんあります。

寿司御殿以外の店の味も気になりますから1度は食そうと行くときもあるんですよ。

それこそカウンターの店で10皿も食べたら10000円の所も行ったことがありました。

全部の店ではないですが、最初と比べてネタの鮮度や質が来るたびに劣化したところもあります。

ナマグサさ、変なエグ味、旨味も感じない、食感が気持ち悪い、と質が落ち、挙句に揚げものの油がくどすぎて胃がおかしくなった事もありました。

そういった店へはもはや魅力も感じなくなって自然と行かなくなりました。

「そもそも良い状態の時でも寿司御殿より美味いか?」とやはり思い出すのです。

「寿司御殿赤池店」の良さを…。

「寿司御殿はブレずに高い水準で安定した美味さで提供しつづけている」

f:id:ima300000000blog:20190614221027j:image

寿司御殿の赤池店に今回来ました。

ここは多分もう15年くらいの間に10〜20回は来ていますが、はっきり言うと…

寿司ネタの妥協は感じた事は1度たりともありません。

おそらくネタの鮮度や質を妥協することなく提供し続けているためいつ来ても大満足して帰ることができてるのでしょう。

店の中は和風で落ち着く

(※席、バスの画像はぐるなび寿司御殿赤池本店ページより引用)

f:id:ima300000000blog:20190614235406j:image

寿司をメインに扱うだけあって、黒塗りの座敷で和の雰囲気を楽しみながら料理を楽しめる空間になっています。

f:id:ima300000000blog:20190614235649j:image

テーブル席もあり。

f:id:ima300000000blog:20190614235708j:image

送迎バスもあるようですね、運転気にせず酒も飲めてありがたいです。

f:id:ima300000000blog:20190615000427j:image

宴会席は20人席と35人席と和風で落ち着きのある素敵な席あるようです。

人数に関しては案外融通がきく場合もあるので細かくはお店に直接聞くといいでしょうね。


f:id:ima300000000blog:20190615000717j:image

f:id:ima300000000blog:20190615000714j:image

 

今日僕が食べたもの

 

ノンアルコールビールの「ドライゼロ」約500円

f:id:ima300000000blog:20190614221424j:image

運転なのでこれで飲む気分を味わう。

基本的にビールはアサヒスーパードライが好きなのでちょうどいい。

 

「特大海老フライ」2本で約1200円(1本から頼める)

f:id:ima300000000blog:20190614221601j:image

20cmは優に超える特大海老のフライ。

タルタルソースとソース両方をつけて食べて衣の歯ざわりのさっくり感、海老の身がたっぷり詰まっている。

プリっとした歯ごたえの食感と海老の独特のほんのり甘みのあるジューシーな旨味。

安定してレギュラーメニューでいるだけのよさがあった。

海老フライも大満足の高水準で妥協を全く感じない。

 

「贅沢丼」約2200円

f:id:ima300000000blog:20190614222214j:image

玉子、ネギトロ、マグロの赤身と中トロにイクラが搭載し、総力を挙げて客の舌をうならせようというのか。

玉子は普通に美味く、赤身マグロはやはり安い所のボソボソな感じもなく脂が乗るだけが美味さではないと説得してくる。

ネギトロも特有の脂のノリで最早メインかと思うくらい。

魚卵の王様であるイクラのプチプチ感はもちろん、噛んだ時に広がるイクラエキスは超上質なダシの旨味にも似ている。

トロは定番の表現になるけど「気持ちよく舌の上で溶けてマグロ脂の美味さが広がる」

そしてネタが輝いて眩しい。

f:id:ima300000000blog:20190614223710p:image

まさに贅沢丼。

 

「あわびの天ぷら」約800円

f:id:ima300000000blog:20190614223638j:image

天ぷら衣に包まれたあわびの身、噛むとコリコリ感を出しつつ貝類の高い美味さを堪能させてくれた。

 

「ウニ軍艦とあわび寿司」各約800円くらい(だったと思う)

f:id:ima300000000blog:20190614224521j:image

あわび寿司はやはり天ぷらとまた違った美味さで直接的な美味さを楽しめた。

ウニは北海道でも取り寄せで200gで4000円くらいの鮮度の高い「海水づけ」状態で購入できるウニと比べても遜色ない程口に広がる美味さ。

 

「マグロのお造り」約1600円(だったと思う)

f:id:ima300000000blog:20190614224546j:image

これにはやられました。

どれが特に感動したと思いますか??

 

左から中トロ、赤身、大トロですが…

中トロも大トロもさすがの旨さ、文句なしで本場にひけをとらないとろける美味さです。

大抵は赤身を食べ、中トロ食べ、最後に大トロを食べるパターンです。(最後に1番好きなものを残す)

赤身を最初食べた時に、トロの脂ノリがなくても赤身の美味みの広がりと歯ざわり舌触りが心地よく、やけに美味く感じました。

満足して中トロ、大トロと感動しながら食べて、赤身が1つ残っていました。

「中、大トロの感動で赤身か、十分美味かったしシメで堪能しよう」と食べたら…

マグロの赤身がトロ達にひけをとらない違った凄みを発揮して美味すぎた。

というか

赤身も中トロも大トロもみんな主役な大満足の一皿でした。

安っぽさが微塵もない!他にもまだまだ美味いものが寿司御殿にはある!

(※ここから下の写真は全て「ぐるなび寿司御殿赤池本店ページ」より引用)

前食べた、もしくはまだ食べてないけど食べてみたいオススメのものをご紹介しますね。

「2段アナゴ寿司」

f:id:ima300000000blog:20190614234408j:image

昔からここ以外で見たことないのでここの名物でしょうか?

身がふっくらしてて前代未聞の2段アナゴ寿司。

これはお土産でも持って帰れるのにオススメです。(今回は食べ損ねました)

「ウニとイクラのぶっちぎり寿司」

f:id:ima300000000blog:20190614234418j:image

ネタは上で述べたようにハイクオリティーのコラボで楽しみな予感しかしません。

次回のお楽しみ予定です。

「カジュアル磯辺刺し、創作寿司」

f:id:ima300000000blog:20190614234426j:imagef:id:ima300000000blog:20190614235807j:image

こちらは食べた事がないのでこれも楽しみです。

シャリの体積がまるで無いのが凄いけど美味しそう。

「旬のお造り盛り合わせ」

f:id:ima300000000blog:20190615000048j:image

あふれんばかりの海の幸です。

今回は食べませんでしたがこれも贅沢な一品です。

愛知県内で僕が自信もってはっきりとオススメできるクオリティのお寿司屋さんは…

f:id:ima300000000blog:20190614234554j:image

ダントツで「寿司御殿」赤池店です。

静岡の伊豆、長崎、北海道(何回も行った)で食べて来た海の幸も素晴らしかったけど、

個人的には「寿司御殿」はそれらに匹敵するくらい美味しいです。

安いB級グルメや回転寿司も良いですけど、たまには高いクオリティの食べものを楽しむ感動は必要です。

回転寿司だって食べる人なら1人3000円か4000円は食べてしまいますよね?

でも今回の食べた内容なら6000円あれば食べれます。

絶対に価値があります。

僕はもうすでにまた行きたくなってますので、きっとまた「寿司御殿赤池店」に必ず行きます。

みなさんも近くにいらしたらぜひ寄ってみて下さい。

寿司好きならきっと必ず満足するはずです。

 

それではまた。